読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタートアップで働くブログ

1991年生まれの平成生まれの新参者が運営してます!

【書評】15歳から社長になれる。(家入一真著)

ずいぶん前に買った本なんだけど、最近ちょっと読みたい気分になったので

改めて読んでみた感想をまとめようと思う。

昨日、様々な個人投資家から1億円の資金調達をした家入一真さんが書いた本である。

リリースについてはこちら。

thebridge.jp

日本では数少ない連続起業家で、今までも現在のGMOペパボ

BASE等の立ち上げに参画している方である。

ちなみにぼくはツィッターで少しだけDMをしたことがある。

続きを読む

アウトプットはいつもと違う場所で〜GAKE 空と海しか見えないカフェ〜

先週は会社で新施策を考えるために、メンバーみんなで左運転の練習も兼ねて

千葉県のGAKEというカフェに行ってみました!

いつものオフィスと違って、多いかつ質の高いアウトプットが出来たと思ってます。

続きを読む

今の年代でしか出来ないと思うことをやってみる。

今日は仕事の合間に地元に帰って、

実家で作業をした後に小学校からの 友人と1時間くらいお茶をした。

相変わらず、イケメンだなと思いながら、

お互いのビジネスの話ができて 本当に有意義な時間だなと感じた。

その中で、色々と感じたことをブログでまとめてみようと思う。

続きを読む

就職活動で使える求人サイトを挙げてみる!

大学時代はリクルートスーツも買わないで、この本を読んで日経新聞はいらないとどやって、まともにちゃんと就職活動をしなかったんだけど、今年より8月が就活解禁となったみたいで、今日も大手町にはリクルートスーツの方が非常に多くいらっしゃいました。

いま、自分が就活生だったら求人サイトのまとめがあったら便利だなと思って、今回このネタでブログをアップしてみることにしました。

就活に「日経」はいらない

就活に「日経」はいらない

 

 

続きを読む

Mr.Childrenファン歴10年目が思うベストソング20位〜16位

ミスチル

1990年代に一大ブームを巻き起こしたモンスターバンドである。

リリースすれば、ミリオンセラーは当たり前で現在でも驚異的な記録をJ-POP史に

残している。

僕が一番最初に聞いたのは2005年の夏であり、ファン歴は今年でちょうど10年になる。

完全に趣味のブログだけども、ミスチルファンならびにあまりミスチルを知らない方にもミスチルの良さが伝わる記事に出来たらと思います!

今日は20位から16位!

※完全主観のランキングになるので、気になった方は紹介した曲以外もぜひ聞いてみてください。

続きを読む

ペーパードライバーが夏の湘南で海鮮三昧!!

今日は8月2日に江ノ島方面に行ってきたので、その模様を紹介します!

夏といえば、やっぱり江ノ島ということで朝一番から行ってきました!!

そして、始めてドライブスルーも体験!

続きを読む

ペーパードライバーが灼熱地獄のさいたまに行ってみたよ!

最近、仕事で車を運転する必要性に迫られており、先週末は土日ともレンタカーを借りて、運転してみました!

1日は埼玉の方から実家〜浅草って感じで運転して、2日は湘南まで生しらす丼を求めて湘南までいってみました。

で、今回は1日に行ったさいたまドライブの模様を書きたいと思います!

続きを読む

【書評】もしも小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら(池田信夫著)

僕は新自由主義がもっと世の中に広まればいいと思っている一人である。

大学時代から、ミルトン・フリードマンの『資本主義と自由』を何度も読み返していた。

そんなときにふと現れたのがこの本であった。

現実にはまだ実現していないが、欧州では実際にいくつかの施策がなされている。

既得権益に対して、考えさせられる一冊である。

続きを読む

【便利すぎる!】一人暮らしならクィックルワイパーで十分!

自宅の家電製品は備え付けの冷蔵庫、自分で買ったドラム式洗濯機電気ケトルしかありません。

掃除していないの!?って誤解されるんですけど、まあ普通の人並みにはしておりまして、ただ掃除機がないだけってことなんですね。

じゃあ何使っているのってことで今回ちょー便利なクィックルワイパーの利点を何点か紹介したいと思います!

続きを読む

【書評】情報の呼吸法(津田大介著)を就活に活かしたお話

ずっと書こう書こうと思っていたが、やっと久しぶりの書評を書くことが出来た。

時間がないというのは言い訳にならないのでって記事は以前自分でも書いたのにお恥ずかしい限りである。

 

今回は自分の出身大学かつ学部の先輩にあたる津田大介さんの著書を紹介しようと思う。

津田大介さんは「tsudaる」という言葉を生み出し、日本におけるtwitterの伝道師のような方である。

ちなみに僕はこの方がtwitterを活用しているのをみて、始めだした人間の一人である。

本著の紹介ならびに、この本を活かした自分の就活を簡単に紹介しようと思う。

続きを読む

Sponserd